calendar

S M T W T F S
    123
45678910
11121314151617
18192021222324
252627282930 
<< June 2017 >>

categories

archives

♥ ♥ ♥ ♥ ♥

I ♥ want

-------

♥♥♥

ユーモアと物欲を刺激するショッピングガイド「カラメル」〜夏フェス特集〜

スポンサーサイト

0

    一定期間更新がないため広告を表示しています

    • 2011.10.06 Thursday
    • -
    • -
    • -
    • -
    • -
    • by スポンサードリンク

    Do you know 巣立ち雛??(その3)

    0
       チュン子が飛び立った日の夜。

      雷が鳴り、大雨。
      『チュン子大丈夫かな〜??』とお兄ぃ。
      『たぶん木の穴に入って、草のお布団あるから大丈夫だよ』とコト(笑)

      チュン子forever。

      -------------------------------------------------
      翌日、仕事が休みでコンビニに行った家の旦那さんが
      『大変だ〜!!あの子が あの子がいる〜!!』と帰ってきました。

      なんでもチュン子が、道路の真ん中にうずくまってるらしい。

      慌ててその場所に行ってみると


      ・・・・・・!!

      本当にいた。(三度目の画像使いまわし(笑))

      でも、前日に見たときよりかなり弱っているみたいで
      私が近づいても逃げない。

      車通りは少ないと言え、こんな道路の真ん中でアヒル形になってたら危ないと思い
      軍手をはめて保護。

      捕まえても静かに手のひらに載って、逃げる気配なし。
      目も眠そうにウツウツと閉じて・・・・

      とうとう誘拐犯になった私。

       チュン子を家に連れ帰り
      「すずめSOS」さん等のサイトを参考に
      籐で編んだ程よい大きさのカゴにティッシュを入れて
      チュン子を保護。

      暖かい砂糖水をくちばしにつけると、しばらくして目を覚まして
      クピクピと飲み下す。

      それを30分おきに繰り返し様子を見るも
      全然元気がない。
      ウツウツと目を閉じ、体を大きく膨らませてはぁはぁと肩で息をするような・・・・

      堅ゆで卵の黄身を砂糖水で緩めたものも作っては見たものの
      嘴につけても、砂糖水ほどには入っていかない。

      親鳥が来なくなった今、チュン子の命全部が私からの砂糖水。
      (巣立ち雛は、3時間も餌を貰えないと死んでしまうそうです)

      お昼に用事があり、大急ぎで済ませて帰ってきたものの
      心の中では『チュン子もう死んじゃってるかも・・・』と思ってました。

      ところが

      !!親鳥がチュン子を探し出して餌を運んでる!!!

      もぅ鳴くこともできなかったから、親鳥も探せないと思ったのに
      もしかしたら、前の日までいた場所をあたってみたのかも(笑)

      親鳥が餌を運んでくれるようになり
      チュン子も数時間後にはまた
      『チュン』
      『ピヨ』ができるようになり

      夕方にはゴミ箱の後ろで朝を待ち
      5時には
      『チュン』
      『ピヨ』が始まり・・・・

      そんな日が今日で5日目。

      だんだんに
      『ピヨ』が
      『ちゅっ』と雀らしい鳴き方になってきたような。

      ---------------------------------------------
      昨日は噂を聞きつけた、お兄ぃの友達がチュン子を見に来ました(笑)

      『すげ!!』
      『超かわいい』
      『親来た!餌貰ってる』
      『その餌は チュン子にはでかいっしょ』

      『俺飼うわ』(←友達)
      等々・・・・・

      身長170cmのイケメン男子中学生の会話(笑)



      スポンサーサイト

      0
        • 2011.10.06 Thursday
        • -
        • 09:04
        • -
        • -
        • -
        • -
        • by スポンサードリンク

        コメント
        コメントする








           
        この記事のトラックバックURL
        トラックバック